令和5年度3学期給食

更新日:2024年02月19日

2月16日(金曜日)豆乳バターチキンカレーライス、牛乳、キャベツとウインナーのスープ、オレンジ

060216

豆乳と豆乳バター、ひよこ豆を入れて、豆カレーを作りました。

ひよこ豆は、イタリア、スペイン、ギリシアなど地中海沿岸の国でサラダやスープ、パエリア、コロッケなどで食べられています。

2月15日(木曜日)ライスボール、牛乳、ポークビーンズ、白菜のクリームスープ

060214

ライスボールは、米粉を使ったパンです。ライスボールはもちもちした食感のパンで、この日を楽しみにしている子もいました。

2月14日(水曜日)しゃくし菜ご飯、牛乳、鶏肉とじゃが芋のうま煮、キャベツのみそ汁

060214

しゃくし菜は、秩父の郷土野菜です。

しゃくし菜は、ご飯のしゃくしのような葉を持つ野菜で、炒めものや煮びたし、漬物などに利用します。

子供たちにしゃくし菜ご飯をおいしく食べてもらえました。

2月13日(火曜日)切り干し大根のスタミナ丼、牛乳、白菜と肉団子のスープ、いちごクレープ

060213

白菜と肉団子のスープは、給食室で調理員さんたちが肉団子を一つ一つ作っています。肉団子のスープは、手間がかかりましたが、クラスから戻ってきた食缶は、スタミナ丼もスープもほぼ空で、子供たちはよく食べてくれました。

2月9日(金曜日)わかめご飯、牛乳、揚げじゃがのそぼろ煮、みそキムチスープ

060209

子供たちの好きなわかめご飯でした。

わかめご飯は、給食室で炊いた白ご飯に、わかめのふりかけを混ぜ込んでいます。

2月8日(木曜日)セルフカレードッグ、牛乳、野菜サラダ、ごまドレッシング、白花豆のスープ

060208

セルフカレードッグは、にんにく、しょうが、豚肉とカレー粉を炒める時のよい香りが教室まで届いていたようです。

ホットドッグのように自分でパンにひき肉の具をはさんで食べました。

2月7日(水曜日)こぎつねご飯、牛乳、さわらフリッター、豚汁

060207

魚へんに春と書いて鰆(さわら)という漢字になります。

関西や四国、九州でよく食べられ、さわらのうおすき(さわらのすき焼き)やさわらの船場汁(せんばじる)などの料理もあります。

最近は、関西だけでなく、東京湾や東北地方でも鰆の漁獲量が増えているようです。

 

2月6日(火曜日)コーンみそラーメン、牛乳、青のりポテトビーンズ、デコポン

060206

デコポンを1/4にカットして提供しました。とてもジューシーなデコポンでした。

デコポンは、清美とポンカンをかけあわせてできたもので、旬は12月上旬から5月頃です。

3月の春先になると、ハウス栽培から露地栽培になったデコポンが出回ります。

2月5日(月曜日)ご飯、牛乳、酢豚、春雨スープ

060205

酢豚に入っているピーマンや人参、グリンピースが苦手な子もいますが、あざやかな色の野菜はビタミンAをはじめ、からだの調子をととのえてくれる栄養があります。

給食の酢豚は、子供たちが食べやすいケチャップ甘酢あんです。揚げた豚肉やじゃが芋と一緒に野菜もしっかり食べてほしいです。

2月2日(金曜日)ご飯、牛乳、いわしの蒲焼き、ほうれん草のごま和え、みそけんちん汁、福豆

060202

節分の献立です。給食は、いわしのかばやきと福豆をつけました。子供たちは「福豆を年の数食べる」と言って、よくかんで食べてくれました。

節分には、豆まきをして邪気を払い、無病息災を祈ります。

季節の変わり目で体調を崩しやすい時期です。しっかり食べて、2月も元気に過ごせるようにしましょう。

 

2月1日(木曜日)バターロール、牛乳、鶏肉のクリーム煮、トマトスープ、ぶどうゼリー

060201

この日のデザートのぶどうゼリーを心待ちにしていた子供たちでした。「ぶどうゼリーがおいしかった」と教えてくれました。

1月31日(水曜日)ご飯、牛乳、あじさんが焼き、大豆の磯煮、スンドゥブ

060131

新鮮な魚にみそと薬味の野菜を入れて、ねばりが出るまでよくたたく千葉県の郷土料理の「なめろう」をじっくり焼くと「さんが焼き」が出来ます。山の家で食べたので、「さんが焼き」というようになりました。

この日は、西小サポーターさんが作ってくださった西小産大豆を使い、大豆の磯煮を作りました。大豆のうま味を味わいました。そして、子供たちは枝豆から大豆への変化も観察できたようです。

1月29日(月曜日)ご飯、牛乳、さば竜田揚げ、ひきないり、豚汁

060130

今日は、「ひきないり」というおかずです。

「ひきないり」は、福島県の郷土料理で、「ひきな」は大根や人参のせんぎりの意味です。大根や人参などの野菜を炒め煮にしています。ひきないりは、野菜をたっぷりとれるおかずです。

 

1月26日(金曜日)ご飯、牛乳、揚げぎょうざ、マーボー白滝、干ぴょうの卵とじ、みかん

060126

栃木県の給食です。

栃木県で有名なぎょうざと干ぴょうの卵とじです。

給食では、揚げぎょうざを提供しました。

干ぴょうは、ゆうがおの実を細長くむいて乾燥させたものです。ゆうがおは、夏に夕方から白い花を咲かせます。

1月25日(木曜日)揚げパン、牛乳、ハムサラダ、コーンクリーミードレッシング、カレーシチュー

060125

揚げパンは人気メニューのひとつです。

揚げパンは、休みの子の分のパンを持ち帰っていた昭和のはじめにパンがが硬くならない方法として考えだされたものです。

今、給食で食べるパンは、ふわふわですが、当時は、今よりもずっと硬いパンだったようです。

1月24日(水曜日)雑穀さつま芋ご飯、牛乳、あじの干物、ほうれん草のごま和え、高野豆腐のみそ汁

060124

全国学校給食週間を記念した献立です。

あじの干物は、一夜干しにした小ぶりなあじを油で揚げていて、丸ごとパリパリと食べられます。魚の小骨が苦手な子もよくかんで、カルシウムをしっかりとりたいですね。

1月23日(火曜日)サンマーメン、牛乳、鶏つくねとえのきのしゅうまい、ブロッコリーサラダ、中華ドレッシング

060123

神奈川県の給食です。

サンマーメンとしゅうまいです。

サンマーメンは、サンマが入っていると誤解されることもあるようですが、横浜市の中華料理店で生まれたご当地ラーメンです。キャベツや白菜、もやし、にんじんなど新鮮な具材を使います。

横浜市は、しゅうまいの消費日本一だそうです。今日のしゅうまいは、給食室で手作りしました。

 

1月22日(月曜日)ご飯、牛乳、メンチカツ、五目金平、こしね汁

060122

群馬県の郷土料理の給食です。

群馬県では、ソースかつどんや、上州金平、こしね汁など有名な郷土料理があります。

こしね汁は、聞きなれない名前の料理かもしれませんが、群馬県の郷土料理です。群馬県の特産、こんにゃく、しいたけ、ねぎを入れます。こんにゃく、しいたけ、ねぎの頭文字をとって、こしね汁といいます。

1月19日(金曜日)ポークカレーライス、牛乳、コンソメスープ、みかんゼリー

060119

体調を崩す子もだんだんと増えてきました。

みかんは、からだの調子をととのえてくれるビタミンCが多くあり、風邪予防にも効果的です。

みかんは、糖分も多く、食べすぎもよくないので、1日に3個までにするとよいようです。

1月18日(木曜日)黒パン、牛乳、ハンバーグのデミグラスソースかけ、ジャーマンポテト、かぶのクリームスープ

060118

かぶのクリームスープでした。

かぶがやわらかくなって、とろっとしたおいしいスープですが、子供たちはもう少し食べてもらいたい料理になりました。

かぶは、春の七草のひとつで「すずな」です。

1月17日(水曜日)ご飯、牛乳、豚肉とくわいのピリ辛炒め、華風コーンスープ

060117

豚肉とくわいのピリ辛炒めです。

くわいは、芽が根茎の上から出ることから、おめでたい食材として正月のおせち料理に使います。ほくほくした食感で、煮物や酢の物、天ぷらにして食べてもおいしいです。

1月16日(火曜日)鶏南蛮うどん、牛乳、みそポテト

060116

みそポテトは、ふかしたじゃが芋を天ぷらにしたものに甘辛いみそだれをかけたものです。

この日も、みそポテトは大人気でした。

1月15日(月曜日)ご飯、牛乳、大根と大根の煮物、じゃが芋のチゲスープ

060115

今日は、大根と豚肉の煮物です。

大根は水分が多いですが、消化酵素があり、食べ物の消化を助けてくれます。

大根は、漬け物や煮物、切り干し大根、大根めし、みそ汁などいろいろな料理に幅広く使える野菜です。

1月12日(金曜日)キムチチャーハン、牛乳、春巻き、春雨スープ

060112

  キムチは、発酵食品で、栄養があります。からだによい乳酸菌が約100種類とたくさんつまっています。

 

1月11日(木曜日)麩和麩和丼、牛乳、お浸し、ぜんざい

060111

1月11日は鏡開きです。お正月に飾っていた鏡開きのもちをお汁粉や雑煮に使います。

給食ではトックを使い、ぜんざいを作りました。朝から小豆を水につけて、回転釜で小豆をコトコトと煮ました。

小豆やあんを食べ慣れない子も多いようでしたが、鏡開きの行事に触れる機会になりました。

1月10日(水曜日)ご飯、牛乳、筑前煮、白菜のみそ汁、お米のババロア

060110

3学期の給食が始まりました。

年の初めは、おめでたい料理の給食です。

「筑前煮」は、先の見通しのきく「れんこん」や、子孫繁栄の「里芋」など縁起のよい食材を入れています。

縁起のよい料理を食べて、3学期も元気に過ごしましょう。