令和4年度3学期今日の給食

更新日:2023年01月30日

1月27日(金曜日)ビーフカレーライス、牛乳、キャベツとベーコンのスープ、いちごクレープ

050127

カレーの日は、2時間目の授業の頃から給食室で作るカレーのよいにおいが校舎まで届きます。

カレーは、小麦粉と油を炒めて、カレールウから手作りします。

1月26日(木曜日)ココア揚げパン、牛乳、チキンサラダ、玉ねぎドレッシング、白菜のクリームシチュー

050126

ココアと砂糖を揚げパンにまぶして、ココア揚げパンを給食室で作りました。

給食の見本ケースをのぞいた児童には「黒砂糖のパン」に見えたようでしたが、ココア揚げパンであることを伝えると、大喜びで教室に戻っていきました。

1月25日(水曜日)雑穀さつま芋ご飯、牛乳、あじの干物、小松菜の煮びたし、大根のみそ汁

050125

全国学校給食週間を記念した献立です。

あじの干物は、一夜干しにした小ぶりなあじを油で揚げていて、丸ごとパリパリと食べられます。魚の小骨が苦手な子もよくかんで食べられます。

全国学校給食週間の歴史について給食委員会で紹介しました。

1月24日(火曜日)肉みそうどん、牛乳、キャラメルポテト、りんご

050124

さつま芋を素揚げして、キャラメルソースをからめました。

大学芋とは一味違う洋風のさつま芋料理です。

 

1月23日(月曜日)ご飯、牛乳、豚肉とくわいのピリ辛炒め、ワンタンスープ、みかん

050123

  くわいを使ったおかずです。

くわいは、とがった角のような芽を出しているので、「芽が出る」縁起のよい食材としておせち料理に使われます。

加熱すると、甘みとほろ苦さが出ます。

 

1月20日(金曜日)ご飯、牛乳、厚焼き玉子、揚げごぼうの甘辛煮、かぼちゃのみそ汁

050120

  揚げごぼうの甘辛煮は、ごぼうをスティック状にして片栗粉をつけて油で揚げています。

ごぼうのスティック揚げもサクサクしておいしいですが、給食では、野菜と肉も加えて、甘辛の味付けのおかずに仕上げています。

1月19日(木曜日)ライスボール、牛乳、ハンバーグのデミグラスソースかけ、花野菜のアーリオオーリオ、トマトスープ

050119

  花野菜のアーリオオーリオは、イタリア語です。アーリオは「にんにく」、オーリオは「オリーブオイル」の意味です。アーリオオーリオは、にんにくとオリーブオイルを使ったソースのことです。

おしゃれな名前のイタリアの料理です。

 

1月18日(水曜日)中華丼、牛乳、みそキムチスープ、ヨーグルト

050118

  えび、いかと海鮮の入った中華丼が、久しぶりに給食に登場しました。日本酒を入れて、えびやいかの独特の臭みを取りました。

中国の広東料理の八宝菜をご飯の上にのせたものが、中華丼です。中華丼は日本で生まれた料理です。

1月17日(火曜日)ガーリックピラフ、牛乳、コロッケ、にんじんのポタージュ、みかん

050117

  ガーリックピラフは、子供たちに好評な炊き込みご飯です。

にんにくの独特なにおいの元「アリシン」には、疲労回復や滋養強壮の効果があります。

1月16日(月曜日)ご飯、牛乳、かれいの竜田揚げ、大豆の磯煮、どさんこ汁

050116

カレイの竜田揚げは、パリパリと骨までまるごと食べられるので、カルシウムもとれます。

カルシウムは、日本人が不足しがちな栄養です。牛乳や乳製品、小魚、海草などに多く含まれます。

1月13日(金曜日)中華おこわ、牛乳、春巻き、豆腐の五目スープ、マスカットゼリー

050113

  中華おこわは、もち米とうるち米を混ぜて使いました。もちもちしておいしい炊き込みご飯が出来上がりました。

もち米は、消化に時間がかかるので、「腹持ちがよい」といわれます。

「腹持ちがよい」ので、 非常食におこわは用いられます。

1月12日(木曜日)山型食パン、チョコクリーム、牛乳、鶏と野菜のフリット、マカロニのヒリヒリ和え、野菜スープ

050112

マカロニのヒリヒリ和えは、子供たちが食べやすい味付けに仕上げています。

赤い色は、ケチャップですが、トウバンジャンも使っているので、少しだけピリ辛です。

1月11日(水曜日)わかめご飯、牛乳、筑前煮、かき玉雑煮、みかん

050111

3学期の給食が始まりました。

年の初めは、おめでたい料理の給食です。

「筑前煮」は、先の見通しのきく「れんこん」や、子孫繁栄の「里芋」など縁起のよい食材を入れています。

「雑煮」は、おめでたい時に食べるおもちを海産物や農産物の食材とともに煮込んだものです。