令和4年度1学期今日の給食

更新日:2022年07月20日

7月15日(金曜日)ハヤシライス、牛乳、キャベツとウインナーのスープ、すいか

040715

給食最終日でした。この日は、夏の風物詩の「すいか」を提供しました。甘くておいしいすいかが届きました。

すいかは、夏バテ予防や熱中症対策にも効果があります。

夏休みの間も「早寝・早起き・朝ごはん」で生活リズムを崩さないように気を付けて、元気に過ごしましょう。

7月14日(木曜日)スパゲッティナポリタン、牛乳、コーンポタージュ、みかんヨーグルト

040714

主食のスパゲッティナポリタンは、2つの回転釜を使って作りました。

ナポリタンは、第二次世界大戦後に日本で生まれたパスタ料理です。

7月13日(水曜日)ご飯、牛乳、和風ハンバーグ、卯の花の煮物、キャベツのみそ汁

040713

卯の花は、おからともいいます。

豆腐をつくる過程で、豆乳をしぼった残りが卯の花です。卯の花には食物繊維のほかにたんぱく質と脂肪の栄養があります。

卯の花(おから)は、煮物のほかにもおからパウダーを小麦粉の代わりに揚げ物や焼き菓子等に利用します。

7月12日(火曜日)夏野菜の炊き込みご飯、牛乳、鮭フライ、トマトスープ

040712

夏野菜の炊き込みご飯は、赤と緑のピーマン、ズッキーニ、かぼちゃを使ったカレー味の洋風炊き込みご飯です。

かぼちゃの素揚げを炊き込みご飯の上にのせました。

今が旬の夏野菜を様々な料理にして味わいましょう。

7月11日(月曜日)切り干し大根のスタミナ丼、牛乳、豆腐の五目スープ

040711

切り干し大根のスタミナ丼は、疲労回復や免疫力を高める効果のある「アリシン」という成分を多く含んだ「にら、にんにく、ねぎ」を使ったスタミナ丼ぶりです。  

7月8日(金曜日)わかめご飯、牛乳、ゴーヤチャンプル、もずくのみそ汁

040708

ゴーヤチャンプルは、おかかやみそを入れて苦みを少しマイルドにして作りました。

ゴーヤは、「にがうり」や「ツルレイシ」ともいいます。 ビタミンCや鉄分が多く、栄養たっぷりで夏を元気に過ごすためにおすすめの食材です。

7月7日(木曜日)ちらし寿司、牛乳、豚汁、七夕ゼリー

040707

七夕の日の献立です。

ちらし寿司に錦糸玉子をのせていただきました。

七夕ゼリーは、2色のゼリーの上に天の川をイメージしたみかんゼリーが入っていました。

7月6日(水曜日)はちみつパン、牛乳、肉団子のトマト煮、クラムチャウダー

040706

クラムチャウダーは、アメリカのニューイングランドで生まれたクリームスープです。ハマグリやアサリなどの貝類と野菜を入れて煮込みます。

野菜と貝の栄養がたっぷりつまったスープです。

7月5日(火曜日)田舎うどん、牛乳、みそポテト

040705

みそポテトは、秩父の郷土料理で、 じゃが芋の天ぷらに甘辛いみそだれをかけたものです。

    みそポテトは、西小でも人気のメニューです。じゃがいもの天ぷらが、かりかりしていて美味しかったようです。

7月4日(月曜日)マーボー丼、牛乳、華風コーンスープ、冷凍みかん

040704

マーボー豆腐は、中国の四川料理です。

豆腐も中国が発祥で、日本には、奈良時代に伝わったとされています。

豆腐は、海外でも「tofu」という名前で注目される食材です。 

7月1日(金曜日)ご飯、牛乳、ポークジンジャー、利休汁

040701

利休汁は、茶道で有名な千利休(せんのりきゅう)がごまを好んで料理に入れたことからつけられました。

今日は、ねりごまを3Kg使いました。

6月30日(木曜日)コーンピラフ、牛乳、チキンナゲット、ミネストラスープ

040630

ミネストラスープは、イタリアの料理です。アルファベットのマカロニが今までより大きく見やすくなりました。

イングリッシュデーにちょうどよいアルファベットの入ったミネストラスープでした。

6月29日(水曜日)ご飯、牛乳、さばのガーリック焼き、ほうれん草のごま和え、呉汁

040629

大豆を水に浸し、すりつぶしたものを呉(ご)といいます。呉をみそ汁に入れたものが呉汁です。

呉汁は、稲作や畑作を行っていた地域を中心に、埼玉県全域で愛されている郷土料理です。

みそ味が多いですが、醤油や塩で味付けする場合もあるようです。

6月28日(火曜日)担々豆腐麺、牛乳、しゃくし菜ぎょうざ、野菜サラダ、中華ドレッシング

040628

しゃくし菜の入ったぎょうざを提供しました。

しゃくし菜は、秩父地方の伝統野菜です。葉が「しゃくし(杓子)」の形をしているので、しゃくし菜と呼ばれています。

6月27日(月曜日)ご飯、牛乳、鶏肉と大豆のオイスターソース煮、わかめスープ、冷凍みかん

040627

冷凍みかんもすぐ溶けるくらい、暑い日でした。

連日暑い日が続きますが、しっかり食事をとり、暑さに負けない元気な体を作りましょう。

6月24日(金曜日)カラフル野菜と豆腐のドライカレーライス、牛乳、野菜スープ

040624

カラフル野菜と豆腐のドライカレーライスは、「動物性たんぱく質」の豚肉だけでなく「植物性たんぱく質」の豆腐も使っています。

今日も一段と暑い日でしたが、プールが終わり、カレーの給食が楽しみだと言いながら教室に戻る姿が見られ、たくさん食べてくれました。

6月23日(木曜日)子供パン、牛乳、ホキフライ、キャベツ、ソース、コーンシチュー

040623

ホキは白身魚です。南半球のニュージーランドとオーストラリアの水深300mから800mの深海に住み、全長1mにもなる細長くて大きな魚です。

日本でも、のり弁当の白身魚などに利用されてなじみがあります。

6月22日(水曜日)ご飯、牛乳、肉団子の甘酢あんかけ、青梗菜のスープ

040622

肉団子の甘酢あんかけは、りんご酢を使います。りんご果汁を発酵させて作るお酢なので、酸味がマイルドです。

酢は、食欲増進、疲労回復、防腐効果があります。

6月21日(火曜日)たこ飯、牛乳、厚焼き玉子、みそキムチスープ、ぶどうゼリー

040621

夏至の献立でした。

夏至を過ぎたら、暦の上では夏になりますが、昨日、今日とすでに夏の陽気です。

兵庫県明石市には、日本の時刻の基準の標準時子午線が通っています。その明石市の郷土料理のたこ飯を給食で提供しました。たこのぶつ切りに生姜がほんのり効いた炊き込みご飯です。

6月20日(月曜日)ご飯、牛乳、豚肉とかぼちゃのカレー炒め、キャベツのみそ汁

040621

豚肉とかぼちゃのカレー炒めは、かぼちゃとじゃが芋を油で素揚げしました。

素揚げすると、油のうまみとほくほくした食感が加わります。素揚げ野菜をそのまま食べてもおいしいですが、カレー炒めでさらにおいしくしました。

6月17日(金曜日)ご飯、牛乳、揚げ鶏のレモン煮、ブロッコリーサラダ、ごまドレッシング、どさんこ汁

040617

揚げ鶏のレモン煮は、片栗粉をつけて揚げた鶏肉にレモン醤油のたれをつけます。

レモンに含まれるビタミンCやクエン酸は、殺菌作用や疲労回復効果があります。

日本のレモンの産地は、広島県や愛知県が有名です。

6月16日(木曜日)バターロール、牛乳、ペンネのラタトイユ、パンプキンポタージュ

040616

北本産のトマト、玉ねぎ、じゃが芋、にんにくが届きました。

ラタトイユは、フランスのプロブァンス地方、ニースの郷土料理です。オリーブ油で玉ねぎ、ピーマンなどの野菜を炒めて、トマトを加えて煮込みます。塩、胡椒のシンプルな味付けですが、夏野菜がたくさん食べられます。

6月15日(水曜日)かて飯、牛乳、ゼリーフライ、豚汁

040615

かて飯(秩父地方)とゼリーフライ(行田市)は、埼玉県の郷土料理です。

埼玉県の郷土料理を給食でも味わいました。

お米の生産が比較的少ない地域では、ご飯(糧=かて)の量を増やすために、具を加えます。かて飯は、行事の時によく作る炊き込みご飯だったそうです。

ゼリーフライは、おからの入ったコロッケで、小判型にします。ゼニ(銭)フライがなまってゼリーフライとよばれるようになりました。

6月14日(火曜日)青梗菜丼、牛乳、中華スープ、チョコプリン

040614

青梗菜丼は、にんにくが効いた豚肉丼ぶりです。

にんにくは青森県で多く作られています。にんにくの旬は夏で、梅雨の前に収穫のピークを迎えるそうです。

6月13日(月曜日)わかめご飯、牛乳、肉じゃが、雷汁

040613

雷汁は、豆腐をバチバチと雷のような音をたてて崩しながら炒めます。

雷は発達した積乱雲で発生します。

雷は、冬でも発生しますが、6月から8月にかけて発生率が高いそうです。

6月10日(金曜日)ご飯、牛乳、いわしの梅煮、五目金平、じゃが芋のみそ汁

040610

いわしの梅煮です。

梅は白い花が咲いて、6月に実がなります。梅にはクエン酸が多く、防腐効果や食欲増進効果もあります。

今日のいわしも梅のさわやかな酸味でさっぱりと食べられます。

6月9日(木曜日)黒パン、牛乳、鶏肉のトマト煮、クラムチャウダー、レモンのムース

040607

北本産のトマトを使用した鶏肉のトマト煮でした。トマトを煮込み、甘みとうまみが加わりました。

鶏肉のトマト煮に入っているピーマンに苦戦する子もいましたが、ピーマンやトマトなどの野菜も旬の時季に味わいましょう。

6月8日(水曜日)彩り野菜の中華あんかけご飯、牛乳、ワンタンスープ、河内晩柑

040608

河内晩柑は、熊本県河内町の果物です。グレープフルーツのような見た目ですが、味はさっぱりしたあまみのある果物です。

1905年ころに熊本県で文旦から偶然発見されたのが「河内晩柑(かわちばんかん)」です。

6月7日(火曜日)肉うどん、牛乳、アジフライ、こんにゃくサラダ、玉ねぎドレッシング

040607

アジやブリの仲間は、アジ科で世界に約140種類います。

味がよいからアジという名前になったとも言われます。

アジフライにすると、さくさくとした食感で歯ごたえも出るので、よくかんで食べられます。

6月6日(月曜日)ご飯、牛乳、マーボー厚揚げ、トックスープ

040606-1

休み明けの月曜日は、朝から冷たい雨が降り、肌寒い日でした。

新鮮な北本産のトマトやねぎ、キャベツなどの食材が届きました。

「ご飯をもっと食べたい」というクラスもあり、子供たちは、給食をよく食べてくれました。

6月3日(金曜日)ハヤシライス、牛乳、フルーツ杏仁

040603

ハヤシライスは明治時代に日本で生まれた洋食メニューです。

給食の ハヤシライスは、豚肉と玉ねぎ、人参、マッシュルームをデミグラスソースやケチャップなどの調味料を加えてぐつぐつ煮込み、彩りにグリンピースを加えます。

6月2日(木曜日)ライスボール、牛乳、アスパラガスのグラタン、トマトスープ

040602

   給食室のコンベクションオーブンでアスパラガスのグラタンをこんがり焼きました。

   給食では、小麦粉を油で炒めて、ベシャメルソースから手作りします。手間がかかりますが、手作りのグラタンを子供たちに味わってもらいました。

 

6月1日(水曜日)キムチチャーハン、牛乳、揚げしゅうまい、春雨スープ

050601

   6月に入りました。

   雨が降って肌寒い日や夏日もありますが、気温の変化に体調もついていけるように、「早寝、早起き、朝ごはん」で体調を整えましょう。

   そして、給食もよくかんでしっかり食べてください。

5月31日(火曜日)ご飯、牛乳、さばの塩焼き、干ぴょうの炒り煮、どさんこ汁

040531

   干ぴょうは、煮物にしてもおいしく食べられます。

   甘辛く味付けして、巻き寿司の具や昆布巻きにも干ぴょうを使います。

   干ぴょうは、ゆうがおの果肉を細長くむいて乾燥させたものです。栃木県や茨城県で干ぴょうが多く作られています。

5月30日(月曜日)ご飯、牛乳、チンジャオロース、豆腐の五目スープ

040530

チンジャオロースは、漢字で書くと「青椒肉絲」です。

「青椒」は、「ピーマン」のことで、「肉」は「肉」、「絲」は「千切り」のことです。

料理名で食材と切り方がわかります。

オイスターソースを効かせたチンジャオロースでした。

5月27日(金曜日)北本トマトカレーライス、牛乳、コンソメスープ

040530

北本産のトマト、玉ねぎ、キャベツ、にんにくが届きました。

北本カレーライスには、北本産のトマトを20kg、玉ねぎを35kg使いました。

野菜から出る水分だけで煮込んだので、うまみがぎゅっとつまったトマトカレーが出来上がりました。

5月26日(木曜日)塩焼きそば、牛乳、揚げしゅうまい、華風コーンスープ

040526

焼きそばの麺をスチームコンベクションオーブンで蒸し焼きにしました。

「パンはないの」と聞く子もいましたが、この日は、焼きそばが主食の給食です。

子供たちが黙食の中、「グー!」とおいしいと手で教えてくれました。

5月25日(水曜日)プルコギトッパプ、牛乳、ワンタンスープ、冷凍みかん

040525

プルコギトッパプは、韓国風焼肉です。

プルコギのピーマンと豚肉をもりもり食べて、ご飯が進みます。

プルコギトッパプやワンタンスープは、子供たちに人気のメニューです。

この日も給食の後、笑顔いっぱいの西小の子供たちでした。

5月24日(火曜日)しらすの炊込みご飯、牛乳、かれいの竜田揚げ、じゃが芋のチゲスープ

040524

しらすは、関東では神奈川県や茨城県が産地です。

かたくちいわしやまいわしの稚魚がしらすで、ゆでると白くなることから「白子」と書きます。

しらすには、カルシウムやビタミンDが多くあり、成長期の子供たちに食べてもらいたいです。

5月23日(月曜日)ご飯、牛乳、鶏肉とアスパラガスのみそ炒め、肉ともやしのスープ

040523

鶏肉とアスパラガスのみそ炒めは、揚げた鶏肉と旬のアスパラガスが入る甘辛のみそ炒めです。

旬のアスパラガスを使ったおかずを味わいました。

5月20日(金曜日)ガパオライス、牛乳、フォーのスープ、ブルーベリータルト

040520

ガパオライスは、タイ料理です。

バジルパウダーを使っています。

子供たちに世界の料理を味わってもらい、料理から世界の国々にも興味を持ってもらえたらと思います。

5月19日(木曜日)ツイストパン、牛乳、鶏肉のトマト煮、白花豆のスープ

040519

白花豆を使ったスープです。

白花豆は、和菓子の白あんの原料にもなります。

白花豆と白いんげん豆は、同じように白い豆ですが、白花豆のほうが粒が大きく、煮るとほくほくした食感です。

 

5月18日(水曜日)カレーピラフ、牛乳、コロッケ、ロシアスープ

040518

カレーピラフは、具だくさんのピラフです。

給食室の回転釜で先に具を煮ておき、煮汁とお米を炊飯器で炊いて、後で具を炊いたご飯に混ぜ込みます。

ピラフは手間がかかりますが、子供たちに好評だとうれしいです。

5月17日(火曜日)広東麺、牛乳、揚げぎょうざ、コーンサラダ、中華ドレッシング

040517-1

コーンサラダは、とうもろこしがたくさん入ったサラダです。

とうもろこしのあまみが好きな人も多いですが、中にはそのあまみが苦手な人もいますね。

とうもろこしの旬は、6月から9月です。

 

5月16日(月曜日)豆腐のそぼろ丼、牛乳、相性汁、チョコクレープ

040516

チョコクレープは、前の週から楽しみにしてくれていた子もいました。

米粉や豆乳を使ったアレルギー(小麦、乳、卵)対応のクレープです。

5月13日(金曜日)ご飯、牛乳、揚げじゃがのそぼろ煮、坦々みそ汁

040513

   坦々みそ汁は、豚ひき肉と青梗菜や豆腐の入ったピリ辛のみそ汁です。

給食では、青梗菜を汁ものや炒め物に使います。青梗菜は、白菜の仲間で、シャキシャキした食感とほのかなあまみがあります。

5月12日(木曜日)はちみつパン、牛乳、ハンバーグのデミグラスソースがけ、アスパラサラダ、玉ねぎドレッシング、キャロットポタージュ

0512

   旬のグリーンアスパラガスを使ったサラダです。

山形県産のアスパラガスを使いました。

アスパラガスには、疲労回復効果のあるアミノ酸の一種「アスパラギン酸」が多く含まれています。

5月11日(水曜日)切り干し大根のスタミナ丼、牛乳、豚汁、冷凍みかん

0511

    今年度の給食で、初登場の冷凍みかんです。

1年生は凍っているみかんに「みかんが全部凍っているの?」とそぼくな疑問をもちながら、皮をむいて、冷たいみかんを1房ぱくっと食べていました。

5月10日(火曜日)ごま汁うどん、牛乳、ちくわの磯辺揚げ、トマト

0510

   北本産のおいしいトマトが届きました。

給食室で1/4にカットして提供しました。

トマトの赤い色は「リコピン」という成分です。熟したトマトに「リコピン」は多く含まれています。

5月9日(月曜日)ご飯、牛乳、高野豆腐の甘酢炒め、もずくのかき玉スープ

0509

   もずくのかき玉スープは、卵が入ってきれいな色合いのスープに仕上がりました。

   もずくのぬるぬるの部分は、「フコイダン」や「アルギン酸」という水溶性の食物繊維です。

5月6日(金曜日)マーボー丼、牛乳、春雨スープ

040502

    マーボー豆腐は、トウバンジャンを効かせて、少し辛味をつけています。

  しっかりご飯を食べて、来週も元気に登校しましょう。

5月2日(月曜日)たけのこご飯、牛乳、豆あじのたつたあげ、すまし汁、かしわもち

040502

   子供の日の献立です。

子供たちがたけのこのようにまっすぐ、元気に育つようにと願いをこめた「たけのこご飯」と縁起の良いかしわの葉を使った「かしわもち」です。

4月28日(木曜日)バターロール、牛乳、ポークビーンズ、野菜スープ

040428

    週に1回のパンの日でした。ふわふわでやわらかいバターロールが届きました。

1年生も給食を笑顔で食べています。

給食では、いろいろな食材が登場します。まずは一口食べてみて、食の経験を広げてもらえたらと思います。

4月27日(水曜日)ガーリックピラフ、牛乳、かぶのクリームスープ、ぶどうゼリー

040427

   かぶのクリームスープは、4月分給食献立表で特集しています。

かぶは、コンソメスープやクリームスープ、 サラダ、漬物などいろいろな料理に合います。

4月26日(火曜日)コーンみそラーメン、牛乳、揚げぎょうざ、野菜サラダ、ごまドレッシング

040426

    コーンみそラーメンは、子供たちに人気のラーメンです。

1年生は、先生に教えてもらいながら、中華麺の袋を開けます。1年生も慣れてくると、器用に麺の袋が開けられるようになります。

4月25日(月曜日)ご飯、牛乳、揚げじゃがのそぼろ煮、キャベツのみそ汁

040425

   鹿児島県の新じゃが芋を使いました。

   新じゃが芋は、皮が薄くてみずみずしく、やわらかいのが特長です。

油で素揚げしてほくほくした新じゃが芋をそぼろあんにからめています。

4月22日(金曜日)ポークカレーライス、牛乳、フルーツポンチ

040422

   1年生の給食2日目でした。1年生も麦ご飯とポークカレーをよく食べてくれました。

   給食では、小麦粉と油、カレー粉をよく炒めてブラウンルウを作っています。

4月21日(木曜日)子供パン、牛乳、、ハンバーグのトマトソースがけ、粉ふき芋、キャベツとウインナーのスープ

040421

   今日から1年生の給食が始まりました。

   それぞれ自分の給食を順番に配膳しますが、目の前の給食を早く食べたくて目を輝かせているかわいい1年生でした。

4月20日(水曜日)ご飯、牛乳、ポークジンジャー、華風コーンスープ

040420

    華風コーンスープは、卵が入った中華風のコーンスープです。ほうれん草の緑色と卵の黄色がきれいなとろみのあるスープです。

4月19日(火曜日)肉うどん、牛乳、みそポテト、清見オレンジ

040419

   清見オレンジは、スマイルカットをして提供しました。とてもジューシーな清見オレンジが届きました。

   清見オレンジは、温州みかんとトロビタオレンジを掛け合わせた品種です。

 

4月18日(月曜日)ご飯、牛乳、さばの塩焼き、大豆の磯煮、豚汁

040418

   スチームコンベクションオーブンでさばを焼きました。こんがりとした焼き色と身はふっくらとさばが焼き上がりました。

   春休み中、給食室で調理員さんが給食を提供する練習をした成果が出ています。

4月15日(金曜日)ご飯、牛乳、酢豚、ワンタンスープ、ヨーグルト

040415

   子供たちの「美味しかったよ」の声がたくさん聞けました。

   酢豚でご飯とワンタンスープが2杯ずつ食べられたと教えてくれた子もいました。

 

4月14日(木曜日)黒パン、牛乳、肉団子のトマト煮、チーズポタージュ

040414-1

   連日、子供たちがよく給食を食べてくれます。

   チーズポタージュの水分量を多くしたためさらさらのスープになりました。

量も多くなってしまったので、次はもう少しとろみをつけたスープを目指したいと思います。

4月13日(水曜日)中華炊き込みご飯、牛乳、春巻き、青梗菜のスープ

040413-2

   炊飯器で中華炊き込みご飯を作りました。炊き込みご飯が美味しく炊けるか、出来上がるまでどきどきします。香りよく美味しそうに炊き上がりました。

4月12日(火曜日)ご飯、牛乳、メンチカツ、切り干し大根の五目煮、どさんこ汁

040412-3

   令和4年度の給食が始まりました。

   新しい給食室で初めての給食でした。

   西小の子供たちの健やかな成長と健康を願い、楽しみにしてもらえる給食を提供していきたいと思います。